夢路

弱ささえ愛おしいのは
君だからだろう。

どうせ、
このまま
堕ちていくだけなら

僕は、
僕なら、

君と堕ちて逝きたい。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ