妄想小説

この小説は、わたくし妄想の館支配人の勝手なる妄想で出来ています。

なので、妄想が嫌い。
または、妄想する人の気持ちが分からないという方は、見るのをご遠慮ください。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ