ジェ「ねぇ皆、人権擁護法って知っているかい?」

シリ「なんだ?それ?」

ピー「人権を守ってくれるの?」

ジェ「そうなんだけど僕達にとってはかなり迷惑な法律なんだ。」

シリ「それが俺達に関係あんのか?」

リマ「バカ犬。それが物凄い関係あるんだよ。(黒笑)」

シリ「うっ....そうなのか?」

ジェ「僕達の同人や夢小説が危ないんだっ!!」

リマ「詳しく言うと、銃器を扱う。暴力行為。生物が死ぬ。性的発言、行為。同性愛などの未成年に悪影響を与えると思われる物が全て規制されるんだ。」

シリ「へぇー...で?」

リマ「はぁ...シリウスはいいのかい?規制されるって事は同人や夢小説が無くなるんだよ?君は仕掛け人の中で一番モテてるくせに。」

シリ「うっ....」

ジェ「同人や夢小説だけじゃないよ。マンガやゲーム、ネット、音楽も規制されるかもしれないんだ。」

リマ「しかも、その中で率先して規制されようとしているのがネットとNHK(2c)なんだ!!」

リリ「つまり!!!私達の萌えが危険に晒されているのよ!!!」

ジェ「リリー!!!vVいつからそこに居たんだいっvV」

リリ「始めからよっ!!私達、腐女子には耐えられない法律だわっ!!」

ジェ「(リリーって腐女子だったの...?)」

リマ,シリ「(ってかこんなキャラだったっけ?)」

ピー「でっでも!!何でそんな法律が制定されようとしているの?」

リマ「ほら、最近は未成年の犯罪が増えてきているだろう?」

シリ「ああ!!それが俺達のせいだって言われてんのか!!?」

ジェ「そう。それと未成年の学力低下、登校拒否も僕達の同人等が原因だって決めつけられたんだ。」

シリ「でも、それで未成年の犯罪が減るのか?」

リリ「そこなのよ!!!私はそうは思わないの!!私達のストレスの捌け口の同人や夢小説、マンガやゲームが無くなったら、逆にストレスは溜っていく一方だわ!!」

リマ「勝手な大人が理不尽な理由で僕達を拘束しようとしているんだ。」

ピー「でも僕達はどうすればいいの?」


ジェ「反対運動をしている人も居る。そこまで出来ない人も出来るだけこの事を皆に教えてあげて欲しいんだ!!」

リマ「そうだね。サイトを持って居ない人も他人事だと思わず、一緒に考えて欲しい。僕達と会えなくなってしまうかもしれないんだ...」

リリ「同人や夢小説を持つ管理人さんっ!!!一緒に頑張りましょ!!」

ジェ「そして絶対に法律の制定を阻止するんだっ!!」

リマ「この法律を変えて行くのは僕達なんだ!」

リリ「私達も頑張るわよ!!」

ジェ,リマ,シリ,ピー『おうっ!!!』

シリ「このページはリンクフリーだから皆のHPの隅っこに載せてやってくれ!!」

リマ「仲間を増やすことがまず大切なんだ!」




―――――――――――



管理人、同人や夢小説を愛しているので今回この様なページを作りました。

まだ人権擁護法を知らない方の考えるきっかけになればと思います。

知っている方もよろしければこちらのページをHPの隅っこに貼ってやって下さい。


報告は勿論無しで構いません。




最後に、このページはJ,K,ローリングさんや静山社さん等、団体とは一切関係ありません。

そして管理人はここのページの著作権を放棄します。

少しでも多くの方に読んで頂けたら嬉しいです。



制作者>愛璃

管理人HP



,


ブックマーク|教える
訪問者18918人目




©フォレストページ