おなかにいっぱいあやかしの種のネタバレにならないあらすじ紹介


おなかにいっぱいあやかしの種のあらすじをネタバレが嫌な人でも読めるレベルで紹介します。


おなかにいっぱいあやかしの種の簡単あらすじ紹介

おなかにいっぱいあやかしの種は、主人公が気が弱いタイプのJKで、訳あってあやかしというかお化け的なものが見えています。

気弱なのに、怖いものが見えてしまうと、そりゃもう、さらに恐がりレベルがアップしています。

でも、彼女は、よく見ると地味でも、大きな胸で男子達に注目されてもおかしくない雰囲気の持ち主。

ただ、こっそりと目立たない娘なので、その魅力に気付いているのは、とんでもない奴だけです。

そんな彼は同級生だったり・・・でも、主人公が、一番怖がってしまうアレな訳ですよ。

・・・って、まあ、あやかしさんですが(笑)

このくらいだとネタバレになりませんよね。

その男に、執拗に迫られた後、ある転校生がやってきて、主人公は、おなかがいっぱいになるまであやかしの種を集めるようになります。

最初のあらすじは、こんな感じです。

注目は、どうしてあやかしの種をいっぱい集めないといけないかという所。

その理由は、ちょっと笑ってしまうかもしれません。


おなかにいっぱいあやかしの種のあらすじについて、もうちょっと深入りしたり、実際に読んでみたいと思ったら、以下のサイトが役に立つかも知れません。

ネタバレ一歩手前くらいの情報や、詳しい配信関連の情報もあるので、漫画が気になったら是非どうぞ。

おなかにいっぱいあやかしの種



Copyright(c)2014
おなかにいっぱいあやかしの種のネタバレにならないあらすじ紹介


ブックマーク|教える
訪問者1295人目




©フォレストページ