J9 基地のゲート1

□渡る?
1ページ/1ページ



 メイやシンを交えてのボードゲームにもマンネリが見えはじめた。

「そろそろコッチはいかが?」
 
 手品のように、いつのまにかお町の手にはトランプが現れている。

「どっから出てくるんだよ?投げたらグサって刺さるヤツじゃないだろうな」

 嫌な顔をしながらキッドがカードを受け取って、しかし切り始めるのは既に習性か。

「ダンナも混ざんない?最近ご一緒しないじゃん」

 一人離れて本など開いていたアイザックにボウイが声をかけるが。

「いや、遠慮しておく」

 即答で断られた。あまりの即答ぶりにお町が口を尖らせる。

「つまんない男ねー。自分の勝ちがわかりきってて嫌なんでしょう?」

 半ば冗談のつもりお町は言ったのだったが、アイザックは横を向いたまま口元だけでフッと笑った。

「おいおいマジだよ、あのダンナ」

「信じらんない」

「もしかしてって事もあるじゃんか?なあキッドさん。俺ちゃんあの態度はいただけないと思うぜ〜」

 ボウイに限ってもしかしても何もありえないとキッドは思ったが、盛り上がりかけているVS アイザックな雰囲気に水を差す気はなかった。

「だったら、3対1ならどうだ?少しはやる気になるんじゃねえの?」

 素直に興味を示してアイザックが顔を上げた。

 ヒュウっとウルフホイッスルを上げるボウイ。乗せたキッドにか、乗ったアイザックにか。

「いーじゃんいーじゃん!たまにはそういう趣向もさ」

 パタリと本を閉じて立ち上がるアイザック。

「ならば、、、」

 戦闘体勢そのままの氷の表情で。

「3人揃って、、、」

 キラリ研ぎ澄まされた刃に、ゆらりマントを翻して。

「カミソリの刃を渡るスリルを、、味わってみるかね?」

(自信あるのね、、、)
(自信あるんだ、、、)
(やっべ〜、、、)

 見交わしもせず立ち上がる3人。

「さ、さーて、冗談はこれくらいでー、、」

「やーん、アイザックカッコいい」

「じゃ!お開きで」

 つまり、要するに、情けないくらい暇なんである。
 アイザックも含めて。





ーーーーーend ー ーーーー

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ