J9 基地のゲート1

□ケッコウ ソレナリニ ヘイワ
1ページ/1ページ





 仕事がひとつ終わる。
 さて、今夜は、、何も悪い事は起こらずにやり終えた。
 ただ、思いのほか長引いた銃撃戦でみな一様に疲れが重い。
 夜食になってしまった食事は、キッチンに銘々、トレイに乗っている。
 アイザックと、負けくじを引いたボウイが、静まり返ったキッチンにきた。
 並べられたトレイの間に小さなメモ用紙。『おかえりなさい』の二人分の文字を見て笑みを交わす。

「ありゃー、何もない。まいったなー、仕事の後に酒なしかぁ」

 そこいら中の扉をかったるそうな手つきであけてまわり、ボウイが嘆く。

「酒なら、メイがフルーツリカーを作っていたのがあったろう。確か、その上の棚」

「わぉ!あったあった。すっげー色とりどり!カクテルバーが開けるぜ」

 鮮やかな赤のストロベリーリカー、それよりもっと色の深いラズベリー。オレンジとレモンが、爽やかな色を競ってグラデーション。まだ熟成していないプラムリカーが、底の方だけ淡いピンクを広げている。
 お町にはレモンのを、自分達の分は、興味に引かれてビンの底にコーヒー豆が沈んでいる琥珀色の酒を選んだ。

「じゃ、お疲れさんねっ。今日はもう、デスクに向かったりしないでさ、休みなよ」

「ああ、そっちこそ、、」

 いつまでもキッドとじゃれていないで、、、と言い返そうとしてやめておいた。
 ワゴンを押していくボウイが廊下の先を曲がるまで、なんとなく背中を見送り、アイザックもゆるりとマントを翻す。



 お町の部屋に深夜のルームサービスを届けてから、目と鼻の先のキッドの部屋の前。
 深い溜め息ひとつ、軽い深呼吸をひとつ、してから入る。
 仕事が終わった日の夜は、ほんとはみんなでパーッと騒ぐのがいい。アイザックが去って、お町も引き上げると、結局二人、ズルズルと朝までどちらかの部屋。
 パーッと騒げない夜はなおさら一人は避けたい。
 そう思うのはボウイの方。キッドが同じように思っているかは知らない。
 が、こんな時、部屋に押し掛けて行くのも、同じベットに潜り込むのも、うるさがらないのだからと、ボウイは仕事の終わった日は一緒にいることを自分のルールのように決めてしまっている。
 今夜キッドが不機嫌だろうと、眠ってしまっていようと。


 部屋の灯りはこうこうと、ついている。

(なんだ、まだシャワー使ってる。、、長い、な)

 土壇場に来てキツい仕事になってしまった。少人数の上、こちらから仕掛けて行くパターンが多いJ 9 は、必然的に足を止めるのは最も避けるべきところだが、今回はそれをやってしまった。
 いつものような軽快な銃撃戦のみにとどまらず、キッドに至っては自分のブラスターのエネルギーチャージまでボウイに任せ、その間、アーミーナイフを片手に、肉弾戦までやってのけた。
 流しても流しても、何か拭いされない感じ、、というのは、あながちフィクションでもない。ボウイにしてもそんな錯覚を起こす時がある。

(そういや俺も、、早いとこさっぱりしたいよな)

 筒抜けで聞こえて来る水の音が、自分を呼んでいるような気もしてくる。と言って、人が使ってる所へノコノコ割り込んで行く気も、今夜のところは無し。
 しかし、今の場合、それよりなにより、、。

(腹へった)

 汗臭さも、もっと別の臭いもこの際、無頓着を決め込んで、点々と首筋辺りに跳ねた血しぶきも、腕の擦り傷も無視して、、お食事タイム。





 すっきりしたのかしないのか、頭を拭きながら出てきたキッドが、そのボウイの、どうしようもなく繊細さを欠いた行動に一瞬呆れて、それから笑い出す。

「言った事あったっけー?ボウイのさ、Tシャツ姿、一番すきなんだぜー」

 唐突な言葉をどう解釈したものやら、曖昧に返事をすると、いきなりバスタオルが飛んできた。

「入ってこいよ」






「遅い」

 不機嫌極まりない声と、ドアを軽く蹴る音。
 シャワールームに来てからまだ五分も経っていない気がするのだが、、「今出る」と、ボウイが蛇口を締める間もなく、キッドはシャツ一枚はおった姿で入り込んできた。

「ちょ、キッドさん、ぬれるよー」

「いいんだ。脱いじまうから」

 ボウイの裸身に手を伸ばし、唇を重ねる。
 ボウイの溜め息の原因がココにある。今夜、キッドは疲れている筈なのだ。なのに、こんな時に限ってこう来る。

「ここで、、?」

「ん、、」

「あの酒のんだ?」

「ああ、コーヒーの、、すっげーいい香り。でも甘い」

「そう?甘いんだあれ」

「てめえで知らねえ物、人に進めたわけ?」

 そんな会話もここまで、仕事の余韻も込みのキッドの興奮を、肌で、息で、感じとり、あと一歩で自分が暴走してしまいそう。今夜は踏み出せそうにない、あと一歩。

(俺よりずっと疲れてるくせに)

 そもそも、今日ほどの疲れで、これからこんな場所でもいいからやろうという事自体、何か無理がある。
 やっぱり、と、思うほど早く、キッドはネをあげてしまう。

「ん、、なんか、、頭、くらくら、、す、る、、」

 背を壁につけたままで、その場にズルズルと腰を下ろしていくキッド。ボウイのキスが途中までキッドの肌を追い、そしてやめる。
 流しっぱなしのシャワーヘッドを取ると、壁との間に腕を差し入れ、キッドの背に湯をあてた。

「ほら~ここでいいなんて言うから、ンなに冷たくなって」

 自嘲気味ながらも、目を合わせての笑みが返ってきて、ボウイはもう本当に他に何もいらないような気がしてくる。
 シャワーの流れの中に、今日できたばかりの、痣と擦り傷。それを隠すようにつけていったキスマーク。

「こら、キッドっ。半分以上眠ってるくせに、人のモノ触ってんじゃないのっ。キスして眠ろうぜ」

 頑張るボウイの理性。
 シャワーを止め、大きなバスタオルでキッドの体を包み丁寧なキスを。

「しっかり勃ってるくせに、、。カッコつけて我慢かよ?似合いも、しねえ、、。遠慮なら、尚更、、、でも、そうだな、今なら俺、、即、寝付けそ、、、う、」

 言っている傍から、ボウイの肩に預けた頭が重みを増してくる。
 様子を見て抱き上げると、首に腕を回してきたが、それもすぐに力が抜けてかくんと、落ちてしまう。
 ベットに下ろすと、寝返りひとつ、本当にそのまま眠ってしまった。
 キッドが一口舐めて、そのまま開けっぱなしになっている小瓶から、部屋中に香りを広げているコーヒーリカーを空にしてしまう。

「わ、ほんとに甘い」

 服も着けずに隣に潜り込めば、触れあわなくとも背中が温かい。
 やってることはかなり身勝手。言葉を額面通りに受けとれば傷つくのはこちら。ふりまわされっぱなし。
 でも、確かに頼りにされているらしい実感。
 別の夜には、自分がそうしているだろうという予感。
 どの夜にも、腕枕はいらない。特別でも何でもない夜。


 今夜、たったひとつ特別な事と言えば、キッドが、ベットサイドのいつもの位置にブラスターを引き寄せずに眠ってしまった事。

(明日は不機嫌なお目覚め、、かな。でも、、朝から暴走してやるからな)

 不埒な覚悟を身勝手に決めて、眠りに落ちた。
 何の事はない。これで結構平和な夜。



ーーーーend ー ーーー

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ