紫時計の異世界回帰録

紫時計の異世界回帰録

紫眼の少年は、コンプレックスの塊でした。

何故なら彼は、其の世界で《独り》ぼっちだから。

紫眼の少年は、ネガティブの塊でした。

何故なら彼は、此の世界で《1人》ぼっちだから。

けれど、どうか嘆かないで。
そして、どうか気付いて。

キミは、もう《独り》じゃない。

【時計】の針は、漸く動き出したばかりなのです。

***

ネガティブでコンプレックスーー略して《ネガコン少年》の異世界回帰録が始まります!

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ