綺羅星の如く

綺羅星の如く

その長い髪は満天の夜を映せし、艶やかな漆黒。

その柔肌は、甘く温かなミルクより滑らかな白。

嗚呼、もうそれだけで……思わず溜息を漏らしそうになったと言うのに。

金無垢にまたたく両眼は、そう。
まるで夜空に輝く、双子星の様。

静かにコチラを見詰める眼(まなこ)に、暫く息をする行為さえ忘れて仕舞っていたよ。

でも…どうしてだろう?何かが足りない。

《キミ》の本当の煌めきは、何処に在る?



「一緒に、探そう?」



今は無理なら、またいつかでも。

だから……どうか。
傍に居る事を赦して欲しい。

朝も、昼も、夜も。
何時の頃も1番、近くで、見守っていたいんだ。

だって《キミ》は、誰よりも素敵な――綺羅星(きらほし)の如く。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ