Under

□【コープス】いつの間にか
1ページ/1ページ

玄関のベルを鳴らす。
足音が聞こえてきて、すぐにドアが開く。





「いらっしゃい、良樹!」



ニコリ、と笑いながら哲志が出迎えてくれる。
その笑顔にドキッ、と心臓が跳ねた。







篠崎の事が好きな筈だった、のに
気付けば、哲志を目で追いかけてたりしてて、
ああ、俺、哲志が好きだっていうのは、自然と気付いた。










「ちゃんと、宿題持ったきたか?」
「持ってきたけど、マジで宿題すんのかよ」
「当たり前だろー? もうすぐテストなんだから」
「あー、聞こえない」
「おい!」





お互いに顔を見合わせて、笑い合う。
普通のやり取りだけど、少しも緊張は和らがない。



………恋する乙女かよ、俺は。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ