short

□ぷろじぇくと
1ページ/1ページ




【゙拍手御礼"についてみんなで話そう。】

※会話文のみ。

幸村「拍手ありがとう」

たまご『うわぁっ!幸村!?そんないきなり営業スマイルせんでもえぇやん』

幸村「フフ(笑)」

たまご『てか、病院は?体調いけるん?』

幸村「心配してくれているのかな…?」

たまご『当たり前やん!』

幸村「ならここに呼ぶな

たまご『ごめんなさい

白石「そこの二人!」

「『?』」

忍足「二人で会話進めてるけど俺らもおるんやで!」

たまご『うわ!白石、侑士』

白石「うわってなんやねん!ひどいわぁ」

たまご『ひどないひどない』

忍足「てか、いま思てんけど゙うわ!白石、侑士゙って、俺が゙白石侑士゙って名前みたいやん!」

幸村「…」

白石「…」

たまご『…』

忍足「え、なんで無言?」

「「『しょーもなっ…』」」

忍足「ひどない!?俺せっかくボケたのに!」

幸村「中途半端にボケんな

たまご『まぁえぇやん』

白石「それで、なに?俺らは何でここに呼ばれたん?」

幸村「さぁ?」

たまご『あー…実は私、管理人から企画書を渡されてんねんけど』

幸村「じゃあ、その企画書に従って話を進めればいいじゃないか」

たまご『いや…内容がさぁ…』

白石「?」

たまご『【゙拍手御礼"についてみんなで話そう。】』

幸村「…」

白石「…」

忍足「…」

たまご『…』

白石「あー…ほら、拍手は拍手やん」

幸村「そうだね」

たまご『つまり何も言うことはないってか

忍足「(笑)」

たまご『なにいまの゙(笑)゙って。めっちゃ腹立ったんやけど』

忍足「えぇぇ!?当たりキツない!?」

たまご『だいたい゙拍手御礼"についてみんなで話そう。ってなんやねん!小学生の夏休みの宿題か!』

白石「もういっそのこと【゙拍手御礼"について】ってとこ無くしたらえぇんちゃん」

忍足「【仲良く話そう。】ってことかいな」

幸村「あーうん。それ。それでいいんじゃない」

忍足「幸村が脱力しとる

たまご『まぁ、何でも自由に語れるとなったら…
こっちのもんやな(´、ゝ`)ドヤァ』

白石「一応聞くで。何が?

幸村「あとドヤ顔やめろ

たまご『いやー、なんかさー、もうさー、全部がさー、めんどくさくなってきてさー』

幸村「゙さー゙うざい

白石「なんかこの企画果てしなく感じるんやけど」

忍足「俺もや」

たまご『なんかもー、みんな適当に喋っていこーぜ』

白石「せやな」

忍足「おもろいこと、おもろいこと…。あ!謙也ってな、小4までお漏らししとったんやで」

たまご『うわっほんまに!?』

白石「これから謙也と目ぇ合わせられへーん」

幸村「何この修学旅行の夜みたいなノリ

たまご『てか、昨日のライ○ーゲーム見た?』

白石「あー見た見た」

忍足「○山やばかったでな!」

幸村「話飛びすぎだろ

白石「趣味は女の子のスカートめくりです(`・ω・´)キリッ

幸村「…っなんでやねんんん!!

「「『あ、大阪弁うつった』」」



おわり。

(これはひょっとしてアレちゃうか、怒らせたらあかんタイプのアレちゃうか)
(せ、せやな。こういう時は早く解散するに限るわ)
(…だれがこのまま帰すと?)
(((ごめんなさいぃぃぃぃ!!)))
 
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ