short

□ある一日のことでした。
1ページ/4ページ




『あ、白石くん寝てる』

ある日の午後の授業中のこと。

「ほんまや…珍しいな」

隣の席の謙也と一緒に、私の前の席で寝ている白石くんを見る。

ちなみに私の席は窓側の一番後ろ!というわけにもいかずその二つ前の席。

うん、微妙。

だってしゃーないやんそこまでくじ運よくないし。

『なぁ謙也…白石くんいじって遊ばへん?』

それはほんの興味本位で出た言葉。

「お、えぇやん!いつも弄られてる仕返しってことで」

『え…』

まさかノってくれるとは。

あの謙也が。

あのヘタレの謙也が。

彼に何があったのだろうか!

そのナレーションやめてくれへん?

『あはは』

「うざいわ」

そして、どちらからともなく視線を白石くんに向ける。

『…』

「…」

いじると言ったものの、白石くんを見つめるだけの謙也に私は痺れを切らして急かす。

『はよ何かしてや』

「何で俺が!」

謙也は驚いた様子やった。

え、なに、私がやるの?

提案者は私やけど、実行者は謙也やろ?

『お、男やろ』

「関係あらへん!」

いやいやと首を振る謙也。

やっぱただのヘタレやったわ…

「なっ…!たまごが言い出したんやからたまごがやったらえぇやん!」

うっ…そう言われると弱い…。

『はぁ…これやからヘタレは困るねん』

「俺ヘタレちゃうもん!」

『しゃーない、私が男を見せたるわ

ちょっとちゃう気ぃするんやけど

私は先生の目を盗み、席を立つ。

そして、机に手をついて上半身を乗りだし白石の耳元で囁いた。

『謙也が、゙あーあの超絶エクスタ男マジで有り得へんわー、頭壊れてんちゃうん?いっそ頭に包帯巻いた方がえぇわ"って言うてたで』

それ自分の愚痴やろ…大体俺そんなん一言も…」

謙也が何か言うとったけど無視や無視。

私が椅子に座った瞬間…

んぬぁああああ!!?

白石が絶叫した。
 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ