short

□ドキドキ恋模様
1ページ/2ページ




スパーン!

「っしゃ!」

スマッシュの音が気持ち良く辺りに響き渡る。

俺は滝のように流れ出る汗を乱暴に拭った。

「(とりあえずちょっと休憩すっか…)」

コートから少し離れたベンチの方へと向かう。

ベンチに腰掛けようとすると、そこには先客が居た。

『赤也くん、お疲れ!』

「たまご先輩!」

大好きなたまご先輩だ。

「たまご先輩も休憩ッスか?」

『うん、ちょっとだけ疲れちゃってね…』

「今日すげぇ暑いッスもんね…」

じわりと流れ出る汗をまた服で拭うと、たまご先輩はタオルを差し出してくれた。

『これ使って?』

にっこり笑顔付きで言われると、自分の頬が赤くなるのが分かった。

自分の心臓の音がやたら大きく聞こえる。

ドキドキしたまま固まってしまい受け取れずにいると、"ほら"と再度タオルを差し出された。

「うす…!」

なんとかタオルを受け取り、ガシガシと顔全体を拭う。

『赤也くんも休憩するんだよね?隣、空いてるよ』

そう言いながら、指先でベンチをちょんちょんと軽く叩くたまご先輩。

「し、失礼しまっす!」

とりあえず頭を下げ、隣に腰掛けた。

隣に居るたまご先輩からは、洗剤っつーか柔軟剤っつーか、よく分かんねぇけどいいにおいがした。

やば、俺、くさくねぇかな?
 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ