short

□純情ボーイ
1ページ/4ページ




『亮ちゃん、明日部活オフなんだって?』

今日も遅くまで、俺の練習が終わるまで待っていてくれたたまご。

そんなたまごと足を並べて、今は帰路についている。

「あぁ。ま、自主トレはするけどな」

『そっか…家で?』

「決めてねぇよ」

そうだな、明日はどうしようか。

まずはランニングをして帰ってきてから筋トレして…

『じゃあ、明日亮ちゃんの家行ってもいい?』

「…あぁ!?」

思ったより大きな声が出た。

明日、家に?

たまごが!?

「な、何しに来んだよ?」

『亮ちゃんのトレーニング見に!』

笑顔で答えるたまごに、俺はため息をついた。

「トレーニング見るっつったって…」

『いいのいいの!私が亮ちゃんを見てたいだけだから!』

へへーと笑うたまごに、俺は後ろ手で頭を掻きながら言う。

「知らねぇぞ、暇で仕方なくなっても」

『亮ちゃん見てたら飽きないから大丈夫!邪魔もしないから!ね?』

満面の笑顔で言われては、俺は了承することしかできなかった。

「いいけどよ…」



***



たまごを家まで送り届け、自分も帰宅する。

そして自分の部屋に入り…

ぬぅああああああ!!

とりあえず、枕に顔を埋めて叫んだ。

いや、無理無理無理!!

今まで女子を部屋に入れたことなんて一度もねぇし!

ましてや、1年付き合ってるたまごと…き、キスもしたことねぇのに!

そう、実は俺とたまごは付き合って1年だ。

今までしたことあることといえば、デートか手を繋ぐくらい。

手を繋ぐのも、滅多にしねぇけど!

「…ハァ…ハァ…」

思う存分叫ぶと、なんだかスッキリした気がした。

…落ち着け、俺!

ただ、たまごが家に来るだけだ。

トレーニングを見に来るとか言ってたし!

恋人云々の話は関係ねぇ…はず。

「とりあえず部屋片付けとくか…!」

何も変なことはない。

俺は何もしない。
 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ