short

□紫色のリンドウは
1ページ/2ページ




ガラッ



放課後、教室で日誌を書いていると教室の扉が開いた。

音のした方を見てみると、そこには自分の想い人、たまごが立っていた。

「…たまごじゃないか」

『…』

しかしたまごは俯いたまま、扉の前で立ち止まっている。

俺は不安になって、ペンを置いた。

たまごの方へ歩み寄るためだ。

すると、たまごは勢いよく顔を上げた。

目が合う。

それと同時に、たまごの目から涙が零れた。

『幸村くん…!』

俺は無意識のうちにたまごに両手を伸ばした。

たまごは迷うことなく俺の胸に飛び込んでくる。

今は少し、その純粋さが憎い。

小さな手でしがみついてくるたまごが愛しい。

俺の胸を頼るたまごが愛しい。

俺の腕の中にいるたまごが愛しい。

大きな目から溢れる涙でさえも愛しい。

…君は知らない、俺の本当の気持ちなんて。

「たまご」

俺はたまごの頭を撫でてやる。

そんなこと気にしていないかのように、たまごは俺の制服を濡らす。

…君は知らない、俺がどれほど君を想っているかなんて。

「たまご」

何度も名前を呼ぶと、たまごはやっと俺の顔を見てくれた。

その綺麗な、愛しい、濡れた瞳で。
 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ