Best Friends

□05
1ページ/4ページ




今日の部活も無事に終わり、私は部室の外の倉庫の片付けをしとる。

いつもは部活のメンバーと帰る流れやねんけど、今日はクラスメートと帰る約束をした。

『連絡来てへんかなぁ…おっ』

ケータイを見てみると、友達から連絡が入っていた。

内容文を見てみると…



"彼氏と一緒に帰ることになってもうた。ごめん。今度学食奢る!"



『…あぁっ!!

なんやこの無駄な悔しさ!

彼氏に友達が取られた気がして悔しいっちゅーかなんちゅーか!

私はケータイの電源を切って、部室の中の自分の鞄にいれた。

「ゆでサン、帰れへんの?」

後ろから、着替えを済ませた白石くんが話し掛けてくる。

『おん、もうちょっとおるわ。みんなに先帰ってって言うといてくれへん?』

「分かった…俺今日は予定あるから残られへんけど、はよ帰りや?」

『おん!全然いけんで、おおきにな!』

「すまんな…ほな、お疲れさん!」

『おん、気ぃ付けてな!』

えぇい、今日は今から倉庫の掃除祭や!

私は勢い良くジャージの袖を捲り上げた。



***



『とぅるるっとぅるる〜♪』

ほんで私は絶賛倉庫掃除祭を開催中や。

部室の外にある倉庫やけど、寒くも暑くもないし、わりとすぐ終わるかも!

でも解散時間はとっくに過ぎてるし、あたりはかなり薄暗い。

みんなには先帰ってもらうように言うといたし誰もおらへん。

その証拠に部室は暗くて電気もついてへん。

私は自分のペースで倉庫を片付けることにした。

『あ!このブラシなおすとこ、ここちゃうのに…あ、これも!』

私はいくつものブラシやらラケットやらボールやらを順番に引っ張り出す。

地味に全部重い。

私は静かに汗を拭った。

『マネージャー、一人っちゅーのも寂しい話やなぁ…』

ぽつりと呟いた声はもちろん誰にも届かず。

その代わり、どこかから何か別の…

小さい、音のようなものが聞こえた気がした。

『ん?…気のせいか』

あまり気にせず私はブラシを移動させようと、肩に担ぐ。

すると…



…ガタッ…



さっきより大きく、何かが動く音が聞こえた。

『なんや…?』

振り返ってももちろん何もあらへん。

『誰か残っとるんかな?』

いや、でも部室は電気もついてへんし。

私は担いだブラシを倉庫に仕舞う。



ガタッ、ガタタッ…



また、さっきの音。

さっき微かに聞こえた音や。

それがだんだん大きくなってる…

てことは、近付いて来てるってことやんな…?

『…!』

私は突然怖くなり、整理整頓しようとしていた用具をまとめて倉庫に入れる。

『な、なんかここにおったらあかん気ぃする…はよ帰ろう』

無理矢理倉庫にモップなどを押し込んで、その場を去ろうとした。

が。

『あ…』

用具入れから少し離れたところにテニスボールが落ちとるのが見えた。

『うわ…出しっぱなしにしとったら朝の見回りの先生に怒られるしなぁ…』

私はテニスボールのところまで足を進める。

そしてテニスボールを拾おうと屈んだ時。



パリィィン!!



『!?』

突然の音に驚き振り返ると、部室の窓ガラスが吹き飛んでいるのが見えた。

私は反射的に倉庫の裏側に走り込み、身を隠す。

ガラス片はパラパラと音を立てて、倉庫の周辺に飛び散っとるわ。

『な…んで…』

そこから先は声にならへんかった。

もし、テニスボールがなくて私がそこにおったままやったら…

『…』

想像して身震いした。

ていうか、なんで誰もおらんはずの部室から音がして…

窓ガラスが割れることがあるん…?

ガラスも寿命あるんかな?

まぁたしかに年季入ってるとは思うけど、割れるほどやないやろ。

『ハッ…ほなまさか…幽霊?』

でも、なんかしっくりけぇへんな。

はっ、待てよ。

『もしかして…泥棒!?』

せや、そっちの方がリアリティがある。

幽霊なんておるわけあれへんし。

とりあえず、私はテニスボールをジャージのポケットに突っ込む。

マヌケな形にズボンが膨らむけど、それどころやない。

『どないしよ…今部室に入っていくのは危ないでな…』

でも、着替えも鞄も部室の中やし。

『ちょっと観察するか…』

私はその場にしばらく身を潜めることにした。
 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ