Best Friends

□04
1ページ/4ページ




キーンコーンカーンコーン



今日の部活はオフや。

久し振りに今日は帰ってゆっくりできる。

友達に電話とかゲームとかしかせぇへんけど。

「たまご、今から帰るん?」

前の席の謙也が、自身の鞄に荷物を詰め込みながら話し掛けてくる。

『せやで、謙也は?』

私は鞄を机に置きながら聞き返す。

「俺も帰る!部活オフやし!」

『そうなんや。家どっちなん?』

「商店街の方やで!たまごは?」

『おぉ、一緒やん!ほな一緒に帰る?』

「おん、帰ろか!」

と、そんな流れで謙也と一緒に帰ることになった。


***



「俺同期の従兄弟おってさ〜」

『へ〜!同期の従兄弟かぁ、珍しいなぁ』

帰り道、謙也と並んで歩いとる。

「そいつもテニスやっとってな…」

前を見ながら言う謙也に、うんうんと頷いて話を聞く。

「あいつにだけは負けたくないねん!せやから、頑張って練習する!」

『へぇ〜、おもろそうやなぁ。また紹介してや』

メラメラと闘争心を燃やす謙也。

そんな謙也の話す相手のことを、私はどないな人なんかなぁと想像しながら言う。

「今はそいつ東京おるから、大阪帰ってきた時な」

『うん、そん時は教えてな』

「…」

『…謙也?』

急に黙り込んだ謙也。

私は謙也の顔を伺い見る。

「たまごは四天宝寺のマネージャー…やんな」

少し憂い顔を見せる謙也に、私は心の声をそのまま口に出す。

は?

「え、いやそこは、どないしたん?って心配してくれるところじゃ…」

『だっていきなり謙也が変なこと言うからやん』

私は四天宝寺のテニス部マネージャーやって、確認する必要あったっけ?

あれ、ちょっと待てよ。

もしかして、このパターンって…

私入部すらできてへんかったん…!?

見事にはずれやわ

せ、せやんな。

だって水泳部の先輩に見守られながら入部届け書いたもんな!

「あいつに会わせてもえぇけどさ…」

謙也は何やらごにょごにょと口ごもる。

『何か良くない理由とかあるん?』

「いや…変な箘移されへんかと…

何それ急に怖くなってきたんやけど

箘って何!?

箘を身体に纏った人が謙也の従兄弟!?

そんなん聞いたことあらへんけど!?

『ま、謙也がおったら安心やろ』

あんまり気にせんとこうと、話を流そうとしたその時。

「ラブラブやーん、ふたりともぉ」

「『!?』」

突然、後ろから聞こえたオカマ口調に私たちは歩みを止めた。
 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ