Best Friends

□03
1ページ/5ページ




「ほな一時間目、国語の授業をはじめまーす!」

先生がみんなに白紙のプリントを配りながら言う。

全員にプリントを行き渡ったことを確認した先生が言い放った。

「今から周りの人とコンビ組んで、回文ネタで漫才やってもらいます

説明しよう!

回文(かいぶん)とは、上から読んでも下から読んでも同じ言葉のことを言うのだ。

例えば"しんぶんし"とかな!

みんな知ってると思うけど!

「は、ハードル高いですわぁ!」

「一回目の授業やのに!」

ブーブーとブーイングが広がる。

甘い!!

バァアンと黒板を叩きながら言う先生の気迫に負け、生徒たちは黙る。

「そんなんで世の中やっていけるわけあらへんぞ…」

ごくりと誰かの唾を飲む音が聞こえた。

大阪ナメたらあかんでぇ!!

「「『おぉぉ!!』」」

まるで先生の言葉が音頭を取ったように、私たち生徒は掛け声をあげた。

ある者は泣きながら拍手、ある者は立ち上がり雄叫びをあげる。

「まぁまぁ、あんたら一回落ち着きぃ」

先生は笑いながら言葉を続ける。

「あ行の回文、学校の回文、旅行に行った時の回文…ちゅー感じで、先生がランダムにお題渡していくから!とりあえずコンビ組んで!」

先生の言葉に、まわりががやがやし始める。

「コツは、自分がボケならツッコミの相手を見つけることやで〜」

『なるほど…!』

「なぁ!」

近くの席の女の子に声を掛けられる。

『ん?』

「たまごってボケ?ツッコミ?」

『ツッコミ!』

せや、私は間違いなくツッコミ!

絶対ツッコミ!

せやからボケの相手やったらビンゴなんやけど…

「うわ〜ウチもツッコミやぁ!他の子探すわ!ほな!」

女子生徒はそう言うて後ろの席の生徒へ話し掛け始める。

私も探さな。

「なぁなぁ」

『ん?』

今度は前の席の忍足くんが、こちらへ振り返りながら話し掛けてくる。

「今ゆでさん、ツッコミって聞こえたんやけど…」

『おん、せやで。てことはもしかして…?』

「その通り!俺ボケやから、コンビ組もや!」

『おっしゃ、ツッコミは任せときぃ!』

ここに一つのコンビが出来上がった!

ちょうどクラスのみんなもコンビが出来上がったみたいや。

それを確認した先生が"お題"と書かれた紙を配り始める。 

「ほな今から20分やるから、ネタ作ってな!終わったらみんなの前で発表するで〜!」

先生の声にみんなで頷く。

「時間は先生が計ります!よぉーい…どぉん!」

先生のストップウォッチが作動し始めるのを確認して、私はお題の紙を手に取る。

『み、見るで…!』

「おう…!」

えぇネタ作りのためには、このお題がめちゃくちゃ大事や。

ぺらりと紙を裏返すと、そこに書いてあったのは…

"か行で回文を作れ!"

私たちは顔を見合わせた。
 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ