Middle

□09
1ページ/6ページ




「…ゃ………から…」

「そ…で、………ね…」

誰かの話し声が聞こえる。

この寝起きの、ふあふあとした感覚がたまらん。

今はまだ、起きたい気分とちゃう。

私は寝返りを打った。

「でも…」

「それで…」

それでも耳に入ってくる声。

私はさらに体制を変えた。

「家に連絡は?」

「とりあえずは、やったけど…」

あ、あかん…

意識がだんだんと覚醒していく…

「親御さんも心配しとるやろからな…」

「いつ起きるんでしょうね」

やかましい!!

「「あ、起きた」」



***



大声を出しながらガハッと起き上がった私。

その瞬間にちょうど、窓から差し込む日差しが顔にぶつかる。

私は思わず手のひらで日差しを遮断した。

そんな私を、忍足くんと光くんが見下ろしとる。

…え、忍足くんと光くん!?

『!?』

なんで寝起きに忍足くんと光くんがおるん!?

てかここどこ!?

これ誰のベッド!?

…ここはどこ、私はだぁれ?

わかってて言うてるならぶっ飛ばしますよ

あぁせや今思い出したわ恐怖のせいで

拳を固めながら言う光くんに、私は身体を縮こめる。

「昨日のこと覚えてへんみたいっすね。で、ここは俺の部屋」

『光くんの?…せや、なんで私こんなとこで寝て…』

キョロキョロとあたりを見回す。

『あ…』

そうか、思い出したわ。

『私、忍足くんと光くんに襲われて「ぶっ飛ばされたいんすね分かりましたうそうそすんません堪忍して

ジョークのつもりやったのに!

光くんには通じひんかったみたいやわ。

「…」

ふと忍足くんの視線を感じる。

「…」

『…』

あ、変な子やって思われたかも。

これは…はよほんまのこと思い出さな。

頭を軽く押さえながら昨日の記憶を探る。

『今何時なん?』

「6時っすわ。もちろん朝の」

『6時…?』

なんで朝の6時に、こんなとこで…。

『…』

「…ゆでさん…」

思い出そうとしとったら、神妙な顔つきをした忍足くんが私の元に近付いてきて。

「おはよう」

抱き締められた。

『え』

思考回路が停止する。

「怖かったやろ。昨日のこと無理して思い出さんでえぇんやで」

怖かった?

「ゆでさんの家には千夏さんから連絡入れてもろた」

千夏さん?

家に…連絡?

「"あいつ"は、警察に引き渡した」



あ い つ ?



『…!』

忍足くんの言葉を聞いた瞬間、昨日の記憶が一気に蘇ってくる。

みんなで遊園地に行ってコンビニに寄った、その後のこと。

私のファンと名乗るストーカーと鉢合わせたこと。

全てを思い出した私は身震いした。

『………寒い…』

なんていうんやろか、足の先から一気に体温がなくなっていくような、そんな感じ。

寒いっていうか…身体が冷たい。

「光!なんかあったかいモン…」

「お茶沸かしてきますわ」

言って光くんは静かに部屋を出ていく。

扉の閉まる音が、さらに寒さを引き立たせた気がした。

そんな私に気付いたのか、忍足くんは抱き締める力を少し強める。

「もういけんで、怖ないで」

小さな子供をあやすかのように、ゆっくり背中を擦り、優しく頭を撫でてくれる。

「俺がおるから、いけんで」

忍足くんにそう言われると、不思議な感覚に陥る。

なんやろ、さっきまで寒かったのに…

胸がほわほわと小さくあったかく感じる。

『忍足くん…』

「なんや?寒いか?」

そう言うて手を握ってくれる忍足くん。

あったかい。

好きや。

ちゃんと言おう、好きって。
 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ