Middle

□06
1ページ/10ページ




ピルルッピルルッ



『ん?』

ケータイが鳴る。

『あー…はい?』

只今、午前11時。

私はDVDのハロルの走る家を見ながら、この前買ったゴリゴリちゃんをかじっていた。

「たまご!?」

電話をかけてきたんは、友達の愛華やった。

『おん…どないしたん?』

急いでるみたいや。

愛華の息が荒い。

「い、今すぐ梅田第二テニスコートに来て!」

『な、なんやねん急に。どないしたん?』

「緊急事態やねん、はやく来てな!!」

『え?ちょっプツッ

そこで電話は切れてしもた。

『な、何や…?』

疑問は残るばかりやけど、とりあえず行こう。

場所は…どこやっけ。

あぁ、梅田第二テニスコートやったっけな…。

私はすぐに着替えて自転車を用意する。

そういえば最近、移動手段は大体この自転車やなぁ。

なんて思いながら自転車に乗る。

『行くぜ、相棒!』

そう言って私は自転車を漕ぎ、梅田第二テニスコートへ向かった。
 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ