Middle

□01
1ページ/4ページ




「たまご〜」

『ん〜?』

只今、午後6時30分。

めっちゃお腹空く時間帯や。

「おでんの具、買ってきて!」

お母さんの言葉に驚く。

『こんな暑い日ぃにおでん食べんの!?』

部屋から顔だけ出して、お母さんに言う。

そう、今は真夏。

「そうや?今ダシ作ってんねん、コンビニでえぇから買ってきてや」

『え〜!もうすぐ、オロチ○を倒すとこやのに!もうちょいでチャクラ貯溜まんねん、待って!』

私はゲームのコントローラーを握る。

「ここに金おいとくから、はよ!」

『もうちょい待っ「はよ行ってはい

私はゲームをやめて、貰ったお金をさいふに突っ込む。

「はよ帰ってきてな?あ、すじ肉は絶対やからな!」

『んー』

適当に返事をしながら、外に出る。

夜やのに、外は明るかった。

私は自転車に跨がる。

『あっつ…』

そう言いながらも、私は自転車を走らせた。
 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ