SHORT

□キミは、
1ページ/3ページ






これは昔


まだなまえが輝いていた時のお噺だ






「なまえッ!」

「あ、次郎くん!」

「持ってきたぞ、いつもの!」

「ホント?!」




ある日の平日の放課後

佐久間は源田家に重いカバンを抱えながらやってきた

なまえはといえば、楽しそうに目を輝かせながら佐久間を出迎えた

源田の方はその光景にただ呆れる




「またお前らは…」

「だって好きなんだもん!」

「好きなんだもん!」

「なまえはカワイイがお前がやっても可愛くないぞ、佐久間」

「そんなコトは百も承知だ」

「次郎くんっ、早く早く!」

「あぁ!」


「…はぁ」




楽しそうに階段を駆け上っていくなまえたちに、源田は諦めたようにため息をついた







---






「こっちがエンペラーペンギンで、これがコウテイペンギン!ちなみに俺はコウテイペンギンが1番好きなんだ!」

「へぇ…!」




なまえの部屋に着いた佐久間は急いでカバンからある物…―もといペンギン図鑑を広げてみせた

佐久間の説明を聞きながら、なまえは楽しそうに図鑑を眺めている




「ホント可愛いね!」

「そうだろ!源田にもこの可愛いさを分かってほしいんだけどな…」

「お兄ちゃんはバカなんだよ!」

「それ聞いたらきっと兄ちゃん泣くから、本人の前で言うなよ?」

「?うん」

「…ぁ!今度母さんに水族館連れて行ってくれるんだ、なまえも行かないか?」

「水族館…?」

「ペンギンさんがいっぱいいるんだ!」

「わぁ!私も行きたい!」

「よし、じゃあ母さんに言っとくな」

「、うんッ!」




なまえは自分が行っていいのか不安そうにしているが、水族館への期待への方が大きかったのか、すぐに笑顔を浮かべた

2人は次の土曜日に行く約束をし、とりあえず佐久間は帰った




次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ