SHORT

□あれから1年
1ページ/4ページ






「え?明日?」




これはランクが決まって数週間後のお話


ある日の金曜日、みょうじは困っていた

ものスゴく困っていた

理由はかつ簡潔的である


みょうじのチーム、ジェネシスはメンバーがまだいない

なのでいつもほかのチームに入れてもらい、一緒に練習する

いつもは曜日制なのだが、土曜日だけは希望制なのだ(日曜日は自主トレである)

偶然だったのかは知らないが、毎回、希望してくるチームは1チームだった


しかし今週は違った

何故か4チームがいっぺんに希望してきたのだ

ガイア、プロミネンス、ダイアモンドダスト、ジェミニストームである

ちなみに、イプシロンも希望しようとデザームがみょうじの所に来たのだがみょうじが忙しいと聞き、身を引いてくれたのだ

そして今ジェミニストームキャプテン、レーゼがみょうじの目の前にいた




「うん!」

「明日、か……」




明らかに困ったような顔をするみょうじに、レーゼも困ったような表情をする




「ダメ、かな…?」

「いっいやいいよ!!」

「ホント?!ありがとう!!ならまた後でね!」




そう言い、笑顔でみょうじの自室を出て行ったレーゼ

その後ろ姿を見ながら、みょうじは静かにため息をつく




「相変わらず、レーゼのあの泣きそうな顔に弱すぎでしょ、私……」




みょうじは腰掛けていたイスから立ち上がり、ベッドの中に潜り込む




「明日どうしようかな…」




みょうじは頑張って考えようとするのだが、やがて睡魔に負け、瞼を静かに下ろした





次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ