clapping

□有限ノスタルジア
1ページ/1ページ






【有限ノスタルジア】





誰もが今を生きている。

終わりを背負い、始まりを抱いて。










後ろから急かすように、色濃い夕日が迫りくる。

川沿いに咲く彼岸花や蜻蛉といい、この目に留まるものは赤ばかりで、目の色まで染まってしまいそうだった。

俺の知っている赤は、ここにあるものとは違う。

もっと色のないところで、くすんだ赤が泥にまみれて散らばっている。

赤とは生臭くてぬるいものだと、今まで信じて疑わなかった。

終わりから終わりへと、骸を糧に生きる日々。

どうしてそこまでして生きようとしていたのかはわからない。

ただ漠然と、食っていくために刀を握っていた。







あのひとの手を取ってから、どれくらい経ったのか。

相変わらず髪は白いままの俺は、夕陽が沈みゆく中、寺小屋へ帰る道のりを一人歩いていた。

皆は随分先へと行ってしまって姿も見えない。

埃っぽい畔道に少々うんざりしながら歩いていると、俺の影がそのひとの足元に重なった。

見上げると、そのひとは目を細めて俺の頭を撫でる。

それはとても心地いいもので、くすぐったい気分になった。

「全然熱くないですね。」

「…先生?」

「燃えているように綺麗な色をしてますよ。」

差し出された手は女みたいに細いのに、俺の手をしっかりと包み込む。

手を引かれて歩くなんて好きじゃないのに、このひとと一緒に歩くときは何故か拒む気にもならなかった。

「…髪は燃えない。」

どう答えたらいいのかわからなかった俺は、つまらなそうに一言呟く。

本当にめでたい大人だと思う。

戦場で俺を拾って、ガキを集めて、腹の足しにもならない学問を教えて。

このひとは一体何がしたいんだろう。



「それで、今日はどうしたんですか?」

先生はぼんやりとしているようで、小さな異変を見逃さない。

例えば今、俺が微妙に俯き加減になってしまっていることも。

「先生の誕生日は?」

「どうしたんですか、急に。」

「皆が誕生日の話をしてた。…俺はそんなの知らないから。」

誕生日がわからなくても生きていけるけれど、さっき皆が誕生日のことを楽しそうに話しているのを見て思った。

誕生日は、どうやら楽しみにしたり喜んだりするものらしい。

先生は一瞬間を空けて、穏やかに答えをくれた。

「忘れない日がいいですよ。」

「…は?」

「誕生日なんて、歳を取るほど慣れて忘れがちになるものです。だから銀時が絶対に忘れない日にしましょう。」

そう言って口元に笑みを浮かべた先生は、いつもと変わらない優しい声をしていた。

怒ったり悲しんだり、そういう類の感情を見せない大人。

そのくせ心の深いところに強いものを隠し持っていて、それは誰にも曲げられないひと。

「決まったら教えてくださいね。」

いつにしようか、いつなら忘れられないか。

そんなことを考える暇もなく、やがて世界は赤く染まり果てた。



先生の背中。

小指の約束。

失ったものを取り戻そうと、滑稽なほど必死になって。

生にすがり得た末路は、あまりにも残酷なものだった。







「探したぞ、銀時。」

赤い世界から程遠い、深い闇が広がっているところで瞼を開く。

白い羽織には染みもできていたし、硝煙や血生臭さも多少残っていた。

古びた寺の屋根は、所々瓦が割れてしまっている。

夜更けになれば月明かりしか光がないせいで、何度転びそうになったかわからない。

それでも俺は、毎晩必ず屋根に上っていた。

誰より早く夜襲を発見できるという適当な理由をつけて、冷たい瓦の上に寝転がる。

ここからは星がよく見える、それ以外に理由はない。

俺の方へと近づいてきたヅラの顔をさりげなく盗み見れば、幼い日の面影は確かにあるのに、眉間の皺が歳月を感じさせた。

たった一人の命を救おうと始めた争いは、数えきれない命と引き換えに最も惨い結末を迎えた。

先生はもういない。

皆で歩くことも二度とない。

この手で先生の最期を弔えただけマシだという俺の見解は、誰の同意も得られそうになかった。

「…オマエはこれからどうする?」

「さァな。」

結局俺は、あの人に誕生日も教えていない。

「…俺の、」



歳を取るほど慣れていくのは数多の別離と、それから。



「誕生日」

「何だ?」

「ヅラよォ、俺の誕生日って知ってるか?」

「知らんな。」

聞いたことがない、とヅラは冗談の通じない顔で真面目に言い切った。

その袴にも赤黒い染みが無数に散りばめられていて、現実に引き戻される。

「十月十日だ、覚えとけ。」

「…銀時、」

日頃空気を読まないヅラにしては珍しく、その後は言葉を続けず俺の隣で黙り込んだ。

下からは高杉が屋根の上を睨んでいる気配もする。

ガキだった俺が生きようとした理由も、護るべきものを失った俺がここに存在する理由も。

本当は何一つ意味なんて持たないのに、それでも俺はしぶとく生きている。

泥臭く情けなく、誕生日を忘れずに。







「銀さん、起きてください」

「早くするアルね」

「んー…なんだ、オマエら」

見慣れた天井は低く、安物のソファーは背中を痛めた。

赤でも黒でもない世界で、揺さぶられるようにして起きる。

下でババァがメシを作って待っている、新八と神楽はそう話しながら玄関へと向かっていった。

そんなうまい話があるわけないと思いながら壁のカレンダーを見て、ふと気づく。



薄汚い床、散らかった机、甲高い声が煩いガキ共。

これが俺の世界で、今日は俺の。





「アンタの言う通り、忘れねェ日にして正解だな。」

ソファーから起き上がって頭をかきむしれば、ふいにその温もりを思い出す。

先生の終わりを俺の始まりとしたあの日は今日まで続いた。

くだらない毎日は、ずっと先にある俺の終着点まで何度でも繰り返される。

今はそれが、何よりも愛しくてたまらない。





立ち上がって踏み出す足は、夕陽を浴びて畔道を歩いた頃よりも、もうずっと大きくなっていた。










Fin



Happy Birthday to our hero!!



[戻る]
[TOPへ]

[しおり]

イケボアンケート




カスタマイズ


©フォレストページ