clapping

□今宵、君と紡ぐのは
1ページ/10ページ








【今宵、君と紡ぐのは act.1】










知りたいなら、満足するまで調べて知り尽くせばいい。

知らなくとも、納得いくまで興味の対象を探せばいい。

どちらに転んでも、無謀な人生に変わりなく。

どちらに進んでも、一筋縄ではいかない世界。





夕暮れ時から早々と姿を現した白い月は色を変え、僅かに黄色く優しい光になった。

身も凍る寒さに毎晩苦しめられるが、この時期は星がよく見え、長い夜も飽きることはない。

大晦日前に掃除をした数学準備室も、冬休みが終わる頃には既に散らかっていて。

わしとカミソリ先生の物ぐさは、数学に対する探求心の反動ではないかと思うほど。

教材を読んでいた目を休めるために窓の外を眺めれば、月が暗い闇の中で存在を示している。



「坂本先生」

古びた扉が音を立てて開くのと同時に、わしを呼ぶのは無愛想な数学の非常勤講師。

「戻ったか、カミソリ先生。」

「おでん買ってきました。」

カミソリ先生はコンビニのビニール袋をがさがさとさせ、プリントが山積みになった机の隅におでんと缶コーヒーを並べた。

「ほぉ、ありがとうな。」

わしに割り箸を渡してから、カミソリ先生は両手をあわせる。



「いただきます。」

「ごちそうになるきに。」



おでんの容器を開ければ、白い湯気と出汁の香りがふわっと鼻をくすぐった。

二人向かい合って、黙々とおでんを食べる。

互いに自分のペースで仕事をしているせいで、夜中まで校内に残ることも度々あって。

そのせいか、二人で簡単な夕食を摂る機会が増えた。

いつも必要最低限の会話しかしないが、居心地悪い思いをしたことは一度もない。

カミソリ先生の考えていることはわかりやすくて嘘もなく、わしが気遣う必要もなく。

今夜もありふれた夜が更けていくと思っていたが、話は思わぬ方向に進んでいった。



「…入試ですね。」

「そうじゃの。」

「この時期になると、いつも迷います。」

「何をじゃ?」

「生徒に対してどんな指導をすればいいのか、です。」



割り箸を置いたカミソリ先生は、おでんを残してそれきり黙ってしまう。

指導という漠然とした単語が持つのは、様々な意味合いで。

進路について生徒から相談され、うまい答えを返せないカミソリ先生の顔を何度も見てきた。

真面目さ故に、何を指導したらいいのかわからないのだろう。



わしはおでんの出汁まで飲み尽くし、サングラス越しにカミソリ先生の顔を一瞥する。

表情は読み取りにくいが、それくらいでちょうどいい。

簡単にわかるものなど、何の味気もないのだから。



「ごちそうさま。」

手をあわせたわしを、カミソリ先生の眼差しが捕らえる。

職業柄なのか、二人とも安易に答えを求めない。

苦しんで考え抜いて辿り着いた答えこそ本物だと、無意識のうちに思う節があるのだろう。



「おんしの嘘がつけない性格は、悪くないぜよ。」

「でも、」

「わしらはプロじゃ。そやつの学力も、志望校に受かるかも大概分かる。じゃが、進路指導は数学と違って正答がない。」



椅子から立ち上がったわしは、カミソリ先生の背後へ回った。

カミソリ先生は訝しげな顔をして、座ったままでいる。



「のぉ、おんしはもう食わんのか?」

「いえ…」

「わしらが行うべき指導は、やる気を引き出すことじゃき。」



言葉を紡ぎながら、カミソリ先生の右手にわしの右手をそっと重ねる。

掴んだりせずに、触れるだけ。

「この手が一人で動き出せるよう、黙って見守ってやればいい。」

冷えた耳元にわしの唇を寄せてみれば、カミソリ先生は横を向き、わしに目線をあわせる。

こんなにも近い距離にいて、手以外は交わらない。

それがわしの指導でもあり、望みでもある。

カミソリ先生の細い手が、自ら何かのために動くのを待つ。

生徒が、己を信じて動き出すように。

人間の原動力は、何にも変えられないと知っているからこそ。





「…あの」

カミソリ先生はわしの手を丁寧にどかし、再びおでんの容器と割り箸を手に取った。

「やっぱり食べます。」

「それでこそ、おんしじゃ。」

わしは手を避けられてしまったにも関わらず、あははと笑った。

カミソリ先生は不可解そうな顔を一瞬したものの、おでんを再び食べ始める。





自身の意思で何かをする。

些細なことでも動き出す。

その大切さを、少しでも誰かに教えられたらと思うのだ。







「もう遅いき、一緒に帰るぜよ。今日こそうちに、」

「帰ります。」

いつも通り、誘いもきっぱりと断られ。

すっかり空になった二人分のおでんの容器。

コーヒーの空き缶。

満たされたのは腹の中と、おんしの熱を覚えた掌で。

カミソリ先生が答えを見つけようと足掻くのを、静かに見守る。

そんな立ち位置を好むわしは、相当物好きなのだろう。



望まずにはいられない、



「わしは、おんしの手は嫌いじゃない。動くことを止めない手は、いつだって可能性に溢れてるからのぉ。」



いつかおんしの手がわしを求めてくれるようにと。







月は遥か彼方から、わしとカミソリ先生をじっと見つめていて。

まるで全てを遠くから見守っているようだと思いながら、わしらは帰り支度に取りかかった。










to be continued…


   

次へ  


[戻る]
[TOPへ]

[しおり]

フォレストアンケート




カスタマイズ


©フォレストページ