愛さずに殺してくれ




なぁ、お前。

どうしていつも
そうなんだよ…――?


「止めろよ……」

「俺に触るなよ…――」


"胤夢"はいつも、この俺に
乾いた感情で。

悲壮的な"愛"をこの俺に求めて来た。

俺はいつも抵抗出来ないままに

気がつけばいつも胤夢の
事を抱いていた……。


「其処に愛はない―――」


だが、その不確かな
境界線側の向こうに。

俺は胤夢への
この不確かな愛を
感じざるおえなかった…。

最後に胤夢の体を抱いた
記憶が鮮明に。

俺の頭の中の脳裏の奥に、
歪なほどの爪痕を残して

俺の記憶から今でも
離れられないままでいた…―――。


Memory of light and a
shadow……




表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ