命遊び

□中学生
2ページ/5ページ

翌日。昨日の出来事なんて、忘れたように少年は走り回っていた。
どんだけ体が丈夫なんだ。

しかし、やはり完治はしていなかったのだろう。帰りの新幹線で、具合が悪そうだったので僕の席まで引き摺ってきた。

「先生、大丈夫だって」

「君は僕が君の安否を気にして連れていくとでも思っているの?」

その一言で、何をされるのか予想ついたのか、少年は逃げ出そうとする。しかし狭い座席ではどこへ行くことも出来ず、暴れまわる元気もなく、大人しく座席に座った。

僕の隣だった引率は、少年の元の座席へと移動して、僕は少年と二人きりになる。もちろん、まわりは人がいるけど。

「窓側がいい」

人目を気にしているのか、通路側に座っていた少年は、座席交換を要求してきた。
僕はどうぞ、と体を引き寄せ膝の上に乗せる。

「な、なにすっ」

「静かに。」

小さく抵抗はするが、少年は体をまさぐられる手を拒むことはしなかった。
僕は上着を少年の下半身に被せると、少年のベルトを静かに外す。

「アンタ、悪い大人だな」

それは彼なりの拒絶の言葉であったのだろう。快楽に抗えないくせして、ませた言葉だ。

「君は変態だね。中学生なのに。」

そう耳元で囁くと少年は身体を震わせた。
指の腹で内股をなぞり、イチモツには触れず、お腹まで滑らすと、呼吸が荒くなる。

「せんせっ…」

「やらしい声だなぁ。そんなのどこで覚えてきたの?」

「まわりに、」

「大丈夫、まわりの人は寝てるから気づかれない。君が声を出さなければね。」

そう囁いて、少年のイチモツをゆっくりと揉み解す。余程気持ちいいのか、手の動きに合わせて腰がビクッビクッと動いている。

先走りが溢れてきて、滑りがよくなったので少し強めに扱くと、ビンっと両足が伸びて、前の座席にぶつかる。

「こらっ、前の席を蹴らない」

「ごめんな、さいっ」

少年は素直に謝り、両足を曲げようとするが、直ぐに伸びてしまう。

「足、ちゃんとしないなら止めるよ?」

少年はその言葉に頭を横にふり、足を曲げる。面白かったので、僕は更に力を込めて擦った。

今度は腰が浮き、ガクガクと両足が震えている。顔の表面にはじっとりと汗が浮き出て、頬から喉へ伝い、襟首を湿らせていた。

「で、出る…っ!」

「出したら、精液まみれのまま、皆の前に戻ることになるね?」

「…っ!!アンタ、」

「口の聞き方に気を付けなよ」

僕はハンカチを丸め、少年の口のなかに詰める。そして、力を込めてイチモツを握り締めた。

「ーーーーーっ!?!!」

少年が足をばたつかせないように、足を絡めて動きを止める。
少し間をおいて、そこを離すと、面白いくらいに射精した。ドプリと手の平に濃いものが注がれる。僕の上着は精液まみれになった。

「ごめんなさいっ、」

射精して上着を汚したからか、それとも先程のお仕置きが身に染みたのか。ハンカチを取り除いた後に発した言葉は謝罪だった。

「痛いのは嫌だ、です…」

「これだけ出しといて嫌って、おかしくない?」

少年は無言で僕の服を握りしめる。本当に具合が悪いのだろう。少年の体の熱で僕まで汗をかきそうだ。
僕は隣の席にあるバックから熱冷ましシートを取りだし、少年のおでこに貼る。

「気持ち悪いっ」

そう体調不良を訴えてくるが、僕は無視して少年のズボンをずらした。少年はただなされるがままにされている。愛撫も適当にして、僕のものを少年に挿入した。

少年は止めてくれ、とは言わなかった。ただ、あまり動けないと、小さい声で呟かれた。
僕は下半身をコートで隠し、そのまま動かずに少年を弄りまわしていた。

何でこいつ。嫌がらないんだろう。止めてくれ。その言葉が欲しいのに。その言葉を嘲笑いながら否定したいのに。

「生徒の具合はいかがですか?」

引率の一人が様子を見に戻ってきた。少年は直ぐ様寝たふりをする。僕は止まりかかっていた弄る手を少年のイチモツへと伸ばし、愛撫を再開させた。少年は肩を僅かに揺らし、ジッと耐えている。

「おや?寝てしまいましたか。それにしても、ドすっかり、甘えている。やはり親が恋しいのだな」

教師が生徒を抱き抱えて座っている、ただ事ではない状況も、勝手にいいように解釈して少年の席へと去っていった。

この少年を家に帰すことを反対したのもあの引率の教師だし、彼はこの少年のことを知っているのだろう。僕にとってはもちろん、どうでもいいし。知りたくもないけど。

「先生、吐く…」

少年が口を両手で押さえている。
僕はごみ袋を引っ張りだし、少年に渡した。


僕自身、この少年をイタズラすることに飽きていたので、この少年さえ止めてくれと言えば止めたけど。吐くほど体調が悪いのに、彼の口からはその言葉は出てこない。

僕は何とも言えない、敗北感のようなものを味わいながら、自分のものを少年から引き抜いた。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ