アンソロジー第2弾

□その唇で僕の名を
2ページ/50ページ



「…あと1週間で卒業なんだから、何も問題起こすなよ?」


あー胃が痛い、なんてわざとらしく言いながら、担任の間宮(マミヤ)先生は言った。


…今からちょうど1週間前のこと。

卒業式を1週間後に控えた私は、正直、卒業するという実感が沸かずに、ぼんやりと先生の話を右から左へ流し聞いていた。




小学校や中学校のときは、卒業式当日までに何度も卒業式の練習があったし、ずっと学校で授業があったから、なんとなく実感が沸いていた。

あと何日か経ったら、自分はこの場所に来なくなるのが普通になるのだ、と。



次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ